初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNOを比較してお伝えします!

初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNO比較-ヒカシム!

mineoの通信速度

mineo/マイネオのバーストモードとは?容量の節約法や速度、低速時は?

更新日:

Pocket

mineo/マイネオのバーストモードとは?容量の節約法や速度、低速時は?

mineoにはバーストモードと呼ばれる機能があります。

このバーストモードは低速モードの時の通信速度に大きく影響し、上手く利用すれば、通信容量の節約だってすることが出来るんです。

今回は、そんな便利なバーストモードについて説明させて頂きます。

 

mineoのバーストモードとは?

l_098

mineoには、バーストモードと呼ばれる機能があります。

あなたは、あまり聞いたことのないものだと思います。

 

⇒mineoの通信速度はどのくらい?

 

このバーストモードがどんな機能かというと、通信速度が200kbpsの低速モードのときでも、始めの数秒間は高速で通信する事が出来るというモノです。

だから、mineoは低速モードの時でもある程度、快適にデータ通信が行えるんです。

 

こんな便利なバーストモードですが、実はこれ大手携帯キャリア(ドコモなど)にも無い、格安SIM/MVNO独自のサービスなんです。

とは言っても、格安SIMなら必ず使えるという訳ではありません。

バーストモードは使える格安SIMもあれば、使えないところもあるんです。

 

ですから、このバーストモードを使えるかどうかというのも、格安SIMを選ぶ際の重要なポイントになってきます。

もちろん、バーストモードは使える方が絶対に良いです!

バーストモードが使えるから!という理由で、mineoと契約することを決めても良いぐらいの重要な要素だと、僕は考えています。

⇒mineo公式サイトはこちら

 

mineoのバーストモードがあれば低速時でも速い

前述しましたように、このバーストモードが使えることにより、mineoは低速時でもある程度快適に、ネットなどのデータ通信を行うことが出来ます

ここで、あなたは最初の数秒だけ高速通信できても残りは低速モードなんだから、そんなに大した効果は無いんじゃないの?と思われたかも知れません。

確かに、たった数秒と聞いたら、そう思われるのも仕方ありません。

 

しかし、実際に使ってみると、バーストモードがあるのと無いのでは、低速モードの時の速度が体感的にもかなり違ってきます。

バーストモードがあると『低速モードなのに速いな!』と、ハッキリ感じます。

これは、バーストモードで最初の数秒の内に多くのデータ容量を読み取ってくれるのが、やはり効いているからでしょう。

 

また、mineoのバーストモードが適用されるのは、より厳密に言うと低速になった時ではなく、それぞれの通信処理の通信が始まった時になります。

ですので、ネット上のいくつかのページを見る場合は、ページを移動する度にバーストモードが適用されるんです。

なので、Twitterのタイムラインの読み込みやLINEなどのメッセージアプリで受信や送信をする時などのように、細かく少しのデータ容量が使われる場合にバーストモードはとても効果的です。

 

低速モードでも、ある程度快適にデータ通信を行えるというのは、実際かなり助かりますね。

 

低速時のバーストモードの速度で出来ること、出来ないこと

続いて、mineoのバーストモードの速度で出来ることを、紹介しておこうと思います。

バーストモードの速度で出来ることとして挙げられるのは、メール、SMS、LINEといった連絡ツールと、テキストが主体のサイトを見ることですね。

これは何故かというと、これらの機能は基本的に、通信速度や通信容量をあまり必要としないからです。

 

ですから、バーストモードの速度でも快適に使えるんです。

逆に、やはり画像の多いサイトを見るのは少しキツいですね。

画像はデータ容量が多いので、どうしても時間がかかってしまいます。

 

そして、多くの通信容量を必要とするYouTubeで動画を観たり、スマホでゲームアプリをやるといったことも、やはり厳しいです。

こういった動画やゲームをスマホで楽しむためには、やはり一定以上の高速通信が必要ですね。

 

mineoのバーストモードの速度

lgi01a201312252000

では、mineoのバーストモードは、実際どれくらいの速度が出るのか?

この部分について、お伝えしていきます。

バーストモードは格安SIM/MVNO各社によって、それぞれ微妙に仕様が異なるのですが、その中でも、mineoのバーストモードは速度面で優秀です。

 

そもそもmineoの場合、高速モードの時は最大で225Mbpsという速度まで出ます。

まぁ、これはあくまでも理論値ですので、実際には速度はもう少し遅くなります。

低速モードの時は、通信速度は200kbpsまでとなります。

 

では、mineoのバーストモードがどのくらいの速度が出るのかと言うと、データの通信速度を測る所謂スピードテストでも、実際に200kbps以上の速度を叩き出します

そう、バーストモードは低速モードの200kbpsを超える速度が出るんです!

時には2Mbpsという、一般的なバーストモードではあまり見られない程の、高速度が出ることさえあります。

 

mineoの低速モードでは、バーストモードが機能することにより、データ通信の開始数秒に一番速度が出ます。

この高速通信をしている間に、データ容量を一気にダウンロードしたり、アップロードしたりする訳ですね。

そして、高速通信は数秒で終わり、その後は段々と速度が落ち着いてきて、最終的に低速通信モードの200kbps前後で安定するという感じです。

 

これが、もしもバーストモードの無い格安SIMだったら、データ通信をしている間初めから終わりまで速度は変わることがなく、ずっと低速通信の200kbpsのままです。

バーストモードが無く低速通信時はずっと200kbpsのままというのは、やはり実際結構キツいです。

これがバーストモードがあるだけで、本当にかなり快適になるんです。

 

このことを考えても、やはり実際のスピードテストでも速い速度が出るバーストモードを持つmineoを選ぶ価値は、十分にあると言えます。

⇒mineoのホームページをチェック

 

mineoのバーストモードの使い方

gahag-0009434604

さて、メリット沢山のバーストモードですが、どうすれば使える様になるのでしょうか?

申し込みなどは必要なのでしょうか?

実は、mineoの場合はバーストモードの利用に関して、特に何か申し込みをしたりする必要はありません。

 

mineoのバーストモードは低速時に自動適用

バーストモードは最大通信速度が200kbpsの時に、自動的に適用されるようになっています。

つまり、低速モードになれば、自動的にバーストモードを利用しての通信になるということです。

 

バーストモードの利用に関して、特に何もする必要がなく自動的に使えるのは、気楽だし手間が無くて良いですよね。

バーストモードを使うの忘れた!という事態にもならなくて済みますし。

もちろん、mineoの場合はあなたの判断で、高速通信と低速通信を自由に切り替えることも可能です。

 

mineoのバーストモードは自動適用されるというのも、魅力の1つです。

 

バーストモードは容量を使い切り低速モードになった時も

mineoのバーストモードは低速時に自動適用される訳ですから、プランで決められているデータ通信容量を使い切った時も、自動で適用されます。

例えば、あなたがmineoとデータ通用量3GBの契約をしていたとしましょう。

これで、一月の間に契約容量の3GBを使い果たしてしまうと、データ通信速度は強制的に200kbpsの低速モードに制限されます。

 

このように、通信容量をオーバーして強制的に低速モードになったとしても、mineoは自動的にバーストモードを適用してくれるという訳ですね。

このおかげで、mineoはデータ通信容量を使い切ったとしてもバーストモードがあるので、意外とそこまで不便にならずにスマホが使えます。

 

通信速度切り替え機能(高速通信⇄低速通信)でバーストモードをON/OFF

mineoでは通信速度切り替え機能という、高速通信と低速通信の速度を切り替える機能が使えます。

つまり、高速通信を使うか低速通信を使うかを、ユーザーが自由に選ぶことが出来る訳ですね。

mineoの場合、通信速度を高速と低速と切り替えるには、mineoスイッチというアプリを使います。

 

このmineoスイッチ内の【データ容量節約機能】の【mineoスイッチ 節約OFF】をタップすれば、通信モードが高速通信から低速通信に切り替わり、低速、節約モードにすることが出来るんです。

また、mineoスイッチは、今月の残りのデータ通信容量をチェックすることも出来るので便利です。

これを利用すれば、敢えて低速モードにすることによって、バーストモードを使うことが可能になります。

 

通信速度の切り替え機能は、DプランでもAプランでもどちらでも利用可能です。

⇒mineoのホームページはこちら

 

バーストモードならデータ通信容量も節約出来る!

2017-01-21_23h37_03

バーストモードは、プラン規定のデータ通信容量の使用を節約したい時にも、一役買ってくれます。

そのためには、通信速度の切り替え機能を使います。

 

⇒mineoは通信速度を切り替えられる!

 

例えば、あなたのスマホを低速モードにしても、バーストモードがあればそれほど不自由はありません。

そして、mineoは低速モードの時は、通信容量の消費はカウントされません。

ですから、必要な時だけ高速通信にするようにして、普段は敢えて低速モードにしておけば、データ通信容量の消費を大きく節約することが出来る訳です。

 

仮に、ずっと低速モードのままにしておけば、その月の通信容量が減ることはありません。

逆に、今月はデータ通信容量を使いすぎたなぁという時は、低速モードに切り替えておけば、データ通信容量を節約することが可能です。

バーストモードを上手く使えば、このようにデータ通信容量の消費をコントロールすることが出来るんですね。

 

ついつい、データ通信容量を使い過ぎてしまった時でも、この節約法を使えば乗り切れますよ!

 

まとめ

gatag-00001090

バーストモードは、大手携帯キャリア(ドコモなど)にも無い便利な機能です。

まだ、この機能が無い格安SIM/MVNOもまだまだ多いですから、その中でバーストモードをしっかり使うことの出来るmineoは、やはり魅力的です。

低速時でも不便の少ないバーストモードがあるmineoは、オススメの格安SIMです!

⇒mineo公式サイトはこちら

 

初心者の方にオススメな格安SIMランキング!

第1位 mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

今、格安SIM業界で最も人気が高いのがこのmineoです!mineoの大きな特徴はドコモ回線とau回線の両方が使用可能ということです。このおかげで、自分の住んでいる地域で繋がりやすい方を選択するといったことが可能になります。あなたのニーズに合った回線をお選び頂けます。これだけの大きなメリットがあるのにも関わらず、月額利用料は通話可能SIM&データ通信量3GBまでで、1600円と非常にお得になっています。とてもオススメの格安SIM会社です!

第2位 LINEモバイル

LINEモバイル

最後にオススメしたいのがこのLINEモバイルです。あのSNSメッセージアプリでお馴染みのLINEが格安SIMに参入しました!このLINEモバイルの魅力は、何と言ってもコミュニケーションフリープランの存在です。このプランは、なんとLINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題で通信料が一切かからないんです!これらのSNSを良く使うという方にはピッタリの格安SIMです。料金の方も音声通話可能SIM+通信容量月3GBで月額1690円と大変リーズナブルです。

第3位 U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile

次にオススメなのがユーモバイルです。ユーモバイルは、楽天モバイルと同様にSIMカードとセット販売されている格安スマホの種類が豊富なのが見逃せませんね。そして、ユーモバイルの最大の特徴は、LTE使い放題プランが存在することでしょう。なんと月額2980円でデータ通信量無制限で使うことが出来るのです。格安SIMでもガンガンネットを使いたいというスマホヘビーユーザーの方にはとてもオススメです!

-mineoの通信速度
-, , , , , ,

Copyright© 初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNO比較-ヒカシム! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.