初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNOを比較してお伝えします!

初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNO比較-ヒカシム!

mineoのメリット

mineo/マイネオへMNPするメリットはフリータンクなど!デメリットは?

更新日:

Pocket

mineo/マイネオへMNPするメリットはフリータンクなど!デメリットは?

今は大手携帯キャリア(docomoなど)から、格安SIMにMNPしたいと考えられてる方が多いと思います。

その中で、mineoにMNPするのはフリータンクなどを始めとしたメリットがあります。

これ以外にも、mineoへのMNPにどのようなメリットやデメリットがあるのか?というのは、気になるポイントですよね。

 

ですので、今回はmineoのメリットやデメリットについて、説明していきたいと思います。

 

mineoにMNPするメリット

では、まずはmineoにMNPするメリットについて説明します。

⇒mineoの解説はこちら

 

メリット①フリータンク

mineoへMNPするメリットとして、まず挙げられるのはフリータンクの存在です。

このフリータンクというのは、全国のmineoユーザー全体が共有したりシェアすることのできるデータ通信量やパケットのことです。

mineoユーザーの方が、余っていたり繰り越し期限切れになりそうなパケットをフリータンクに入れると、他のmineoユーザーの方がそのパケットを引き出し使うことができるという訳です。

 

だから、今月はデータ通信量やパケットを使いすぎた!という時には、このフリータンクからパケットをもらって、やり繰りすることが出来るんです。

フリータンクは、月に最大で1GBまでパケットを貰うことができます。

また、mineoのフリータンクはパケットを入れる時だけじゃなく、パケットを貰う時でも料金は発生しません。

 

ですから、このフリータンクを使えば、1GBのデータ通信容量・パケットを無料で追加で貰うことができるという大きなメリットがあるんです。

また、mineoのフリータンクは、eoIDやデータ通信容量のタイプに関係なく利用できるのもメリットと言えます。

余ったパケットを無駄にすることなく、誰かの役に立てることができるというのも、メリットの1つと言っても良いかもしれません。

 

ただ、このフリータンクは、あくまでもmineoユーザーの方の好意で成り立っています。

だから、フリータンクにパケットがたまっていないときは、使うことができません。

ですので、フリータンクからパケットをもらい続けるのではなく、パケットが余った時は積極的にフリータンクに投入しましょう。

 

このフリータンクの存在は、mineoへMNPする大きなメリットの一つだと言えます。

 

メリット②MNP回線切り替えの不通期間が短い

次にmineoへMNPするメリットとしては、MNP回線切り替えの際の不通期間の短さが挙げられます。

格安SIMへMNPする場合は、まだ、MNP回線切り替えに2~3日程度の日数や時間がかかるところも多いです。

そして、このMNPの切り替えの間は、前のSIMカードも新しいSIMカードも使うことができません。

 

つまり、SIMカードが使えない不通期間が2~3日にも及ぶ、格安SIMもあるということです。

しかし、これがmineoの場合なら、MNP回線切り替えにかかる時間はDプランの場合は1時間程度、Aプランの場合ならたったの30分程です。

だから、mineoの不通期間は、このたった30分~1時間で済むんです。

 

やはり、MNP回線切り替えによる不通期間が長いのは、とても不便ですし生活にも影響が出てしまいます。

それが、mineoなら短時間で済むので本当に便利なんです。

この不通期間の短さも、mineoにMNPするメリットの1つです。

 

メリット③料金が安い!

そして、次のメリットとしては、当たり前ですが料金の安さが挙げられます。

そこの部分のメリットが目当てで、mineoにMNPしようとしてる訳ですから、当たり前と言われればその通りですが、やはり、大手携帯キャリア(docomoなど)と比べるとmineoは格段に安いです。

大手携帯キャリアだと普通に使うと、料金は月7000円程度になってしまいますが、それがmineoにMNPすれば月1600円程度で済むんです。

 

例えば、mineoのauプランでデュアルタイプ(通話可能SIM)にしてデータ通信容量を3GBにした場合は、料金は月に1510円になります。

これって、メチャクチャ安いですよね。

やはり、この料金の安さは非常に魅力的だし、mineoにMNPする大きなメリットです。

⇒mineoの詳細をチェック

 

mineoへMNPするデメリット

次は、mineoへMNPするデメリットを見てみましょう。

 

デメリット①Aプラン(au回線)ではiPhoneでテザリングできない

mineoへMNPするデメリットとしては、AプランでiPhoneを利用する場合はテザリングができない、ということが挙げられます。

やはり、iPhoneでテザリングを行いたいという方も多いですから、この点はデメリットと言えます。

ただ、mineoでもDプランにしておけば、iPhoneでもテザリングを行うことができます。

 

mineoでiPhoneでテザリングを利用したい場合は、AプランではなくDプランを選ぶようにしましょう。

 

デメリット②Aプランは通信制限がかかる可能性がある

mineoの2つ目のデメリットとしては、Aプランの場合、通信制限がかかる可能性があることが挙げられます。

mineoのAプランは直近の3日間の通信量が6GBを超えると、au側から通信速度の制限を受ける可能性があるんです。

これはmineoだけに限った話ではないのですが、デメリットと言えばデメリットかなと思います。

 

デメリット③お昼の時間帯12:00~13:00は少し回線が混雑する

次のデメリットとしては、mineoはお昼の時間帯(特に12:00~13:00)は少し回線が混雑する、ということが挙げられます。

やはり、12:00~13:00という時間帯は、会社などでもお昼休憩のところが多いですから、どうしても回線が混雑しやすいんです。

これは地域差もあり、田舎の方では問題になりにくいですが、やはり、都会の方ではこの傾向が強いです。

 

ただ、これはどこの格安SIMでも言えることではあります。

また、お昼の時間帯だけの問題ですから、そこまで心配するようなデメリットではありませんよ。

 

まとめ

以上、フリータンクを始めとする、mineoへのMNPのメリットやデメリットについてでした。

mineoへのMNPは、そこまで大きなデメリットはありません。

むしろ、フリータンクを始めとするメリットの方が多いです。

 

メリット沢山の、mineoはおすすめですよ。

⇒mineoの解説はこちら

 

初心者の方にオススメな格安SIMランキング!

第1位 mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

今、格安SIM業界で最も人気が高いのがこのmineoです!mineoの大きな特徴はドコモ回線とau回線の両方が使用可能ということです。このおかげで、自分の住んでいる地域で繋がりやすい方を選択するといったことが可能になります。あなたのニーズに合った回線をお選び頂けます。これだけの大きなメリットがあるのにも関わらず、月額利用料は通話可能SIM&データ通信量3GBまでで、1600円と非常にお得になっています。とてもオススメの格安SIM会社です!

第2位 LINEモバイル

LINEモバイル

最後にオススメしたいのがこのLINEモバイルです。あのSNSメッセージアプリでお馴染みのLINEが格安SIMに参入しました!このLINEモバイルの魅力は、何と言ってもコミュニケーションフリープランの存在です。このプランは、なんとLINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題で通信料が一切かからないんです!これらのSNSを良く使うという方にはピッタリの格安SIMです。料金の方も音声通話可能SIM+通信容量月3GBで月額1690円と大変リーズナブルです。

第3位 U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile

次にオススメなのがユーモバイルです。ユーモバイルは、楽天モバイルと同様にSIMカードとセット販売されている格安スマホの種類が豊富なのが見逃せませんね。そして、ユーモバイルの最大の特徴は、LTE使い放題プランが存在することでしょう。なんと月額2980円でデータ通信量無制限で使うことが出来るのです。格安SIMでもガンガンネットを使いたいというスマホヘビーユーザーの方にはとてもオススメです!

-mineoのメリット
-, , , , ,

Copyright© 初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNO比較-ヒカシム! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.