初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNOを比較してお伝えします!

初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNO比較-ヒカシム!

mineoの料金

mineo/マイネオのDプラン(docomo/ドコモ)とAプラン(au)の月額料金比較!

更新日:

Pocket

mineo/マイネオのDプラン(docomo/ドコモ)とAプラン(au)の月額料金比較!

mineoには、docomo回線を利用するDプランと、auの回線を利用するAプランの2つがあります。

このDプランとAプランで、どの程度料金が違うのか?というのは、気になるところですよね。

という訳で、今回はmineo/マイネオのDプラン(docomo/ドコモ)とAプラン(au)の月額料金を、比較していこうと思います。

 

docomo回線を利用するDプランと、auの回線を利用するAプラン

mineoには、プランが2つ用意されています。それがDプランとAプランです。

この2つの何が違うのかというと、Dプランはdocomoの回線を利用しており、Aプランはauの回線を利用しているという違いがあります。

この2つのどちらのプランを利用するかというのは、あなたの自由に選ぶことが出来ます。

 

そして、実はこのどちらかを選ぶかによって、月額料金は変わってくるんです。

ですので、2つのプランの月額料金を比較してみましょう。

 

mineoのDプランとAプランの月額料金を比較する

では、DプランとAプランの料金を比較していきたいと思います。

⇒mineo公式サイトはこちら

 

mineoのDプラン(ドコモ回線)の月額料金

まずは、Dプランから見ていきましょう。

 

データ通信専用SIM(シングルタイプ)の場合、Dプランの月額料金は以下の様になっています。

データ通信専用SIM(シングルタイプ)
使用可能データ通信量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
700円 800円 900円 1580円 2520円

3GBで900円ですから、格安SIMにおいては普通な値段設定ですね。

 

そして、通話可能SIM(デュアルタイプ)の場合の月額料金が、以下の様になります。

通話可能SIM(デュアルタイプ)
使用可能データ通信量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
1400円 1500円 1600円 2280円 3220円

このように、データ通信専用SIM(シングルタイプ)にプラス700円すると、通話可能SIM(デュアルタイプ)を利用することが出来ます。

 

Dプランの通話可能SIM(デュアルタイプ)の場合、通信容量を3GBにすると月額料金は1600円となります。

こちらも格安SIMの中ではオーソドックスな料金設定ですね。

 

mineoのDプランの月額料金は、このようになっています。

当たり前ですが、大手携帯キャリア(ドコモなど)と比較すると非常に安いですよね。

この月額料金の安さが、格安SIMであるmineoの一番の魅力です。

 

mineoのAプラン(au回線)の月額料金

続いて、Aプランの月額料金を見ていきます。

 

まずは、データ通信専用SIM(シングルタイプ)から。

データ通信専用SIM(シングルタイプ)
使用可能データ通信量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
700円 800円 900円 1580円 2520円

3GBで900円となっていますね。

 

そして、通話可能SIM(デュアルタイプ)の場合がこうです。

通話可能SIM(デュアルタイプ)
使用可能データ通信量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
1310円 1410円 1510円 2190円 3130円

通話可能SIM(デュアルタイプ)で通信容量3GBにすると、月額料金は1510円となります。

 

以上が、mineoのAプランの月額料金となります。

⇒mineoのホームページをチェック

 

実際に月額料金を比較する

それでは、実際にDプランとAプランの月額料金を比較してみましょう。

 

まず、データ通信専用SIM(シングルタイプ)の月額料金を比較してみると、これはDプランとAプランで違いはありません。

どちらも、全く同じ月額料金となっています。

ここで、あなたは『なんだ、DプランでもAプランでも変わらないじゃないか!』と思われたかもしれませんが、その結論はまだ早いです。

 

ポイントになるのは次です。

Dプラン(docomo回線)とAプラン(au回線)の、通話可能SIM(デュアルタイプ)の月額料金に注目してください。

両者を比較してみると全てのデータ通信量において、DプランよりもAプランの方が安くなっていますよね!

 

もっと具体的に、通話可能SIMで最も一般的な通信容量である、3GBを付けた場合の月額料金を比較してみます。

Dプランでは、通話可能SIM(デュアルタイプ)で通信容量3GBにすると、月額料金は1600円になります。

この3GBで1600円という月額料金設定は、格安SIMでは非常に一般的なものです。

 

では、Aプランではどうでしょうか?

Aプランで、通話可能SIM(デュアルタイプ)を通信容量3GBにした場合、月額料金は1510円となっています。

ということは、1600円-1510円で、90円もAプランの方がDプランより安いんですね。

 

3GBで1510円という月額料金設定は、一般的な格安SIMと比較しても安い部類になります。

90円というと、そこまで大した金額ではないと、思われるかもしれません。

ですが、これが1年使うと90円×12ヶ月で1080円もの違いになります。

 

意外と、バカにしたものでもないですよね。

 

という訳で、mineoのDプランとAプランの月額料金を比較すると、データ通信専用SIMでは月額料金の差がないが、通話可能SIMの場合Aプランの方が月に90円安い、ということが分かりました。

ですので、より安い月額料金でmineoを利用したい方は、Dプランではなく、Aプランを選びましょう。

 

何故、Aプランの方が安いのかといえば、mineoは元々au回線の利用が専門の格安SIMでした。

docomo回線の利用を始めたのは最近になってからなので、設備費用などの関係で、Aプランの方が月額料金が安いのだと思われます。

 

まとめ

以上が、mineoのDプランとAプランの月額料金の比較となります。

mineoを少しでも安い月額料金で利用したい場合は、Aプランを選ぶようにしましょう。

⇒mineo公式サイトはこちら

 

初心者の方にオススメな格安SIMランキング!

第1位 mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

今、格安SIM業界で最も人気が高いのがこのmineoです!mineoの大きな特徴はドコモ回線とau回線の両方が使用可能ということです。このおかげで、自分の住んでいる地域で繋がりやすい方を選択するといったことが可能になります。あなたのニーズに合った回線をお選び頂けます。これだけの大きなメリットがあるのにも関わらず、月額利用料は通話可能SIM&データ通信量3GBまでで、1600円と非常にお得になっています。とてもオススメの格安SIM会社です!

第2位 LINEモバイル

LINEモバイル

最後にオススメしたいのがこのLINEモバイルです。あのSNSメッセージアプリでお馴染みのLINEが格安SIMに参入しました!このLINEモバイルの魅力は、何と言ってもコミュニケーションフリープランの存在です。このプランは、なんとLINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題で通信料が一切かからないんです!これらのSNSを良く使うという方にはピッタリの格安SIMです。料金の方も音声通話可能SIM+通信容量月3GBで月額1690円と大変リーズナブルです。

第3位 U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile

次にオススメなのがユーモバイルです。ユーモバイルは、楽天モバイルと同様にSIMカードとセット販売されている格安スマホの種類が豊富なのが見逃せませんね。そして、ユーモバイルの最大の特徴は、LTE使い放題プランが存在することでしょう。なんと月額2980円でデータ通信量無制限で使うことが出来るのです。格安SIMでもガンガンネットを使いたいというスマホヘビーユーザーの方にはとてもオススメです!

-mineoの料金
-, , , , , , , , ,

Copyright© 初心者のMNPにおすすめな格安SIM・格安スマホ・MVNO比較-ヒカシム! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.